弁護士に相談した内容などが他人にもれるという心配はありませんか?

弁護士は、その職務上知りえた相談者や依頼者の秘密を守る義務を負っています。弁護士がこの義務に違反すると、業務停止や資格剥奪という厳しい懲戒処分が課されるほか、刑事罰を受けることがあります。このように、弁護士は高度な守秘義務を負っていますので、安心して何でも弁護士に打ち明けてください。
弁護士は、ご相談者の法律問題に関する全ての情報を収集、分析することによって適切な回答、事件処理が可能となります。弁護士に打ち明けていなかったことが、後になって不利な展開をもたらすということもありえますので、気をつけてください。

よくあるご質問